スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いぇすっ!アスミッツ!!

11月27日に「ひだまりらじお×☆☆☆」第2回が配信された。
前回は公録だったので、スタジオからの通常営業としては1回目。
珍しくゲストがいない。
全部で12回しかないんだからもったいないじゃないか。
まだ来たことない人も呼んで欲しいし。
乃莉、なずなはもちろん、桑原先生、益子先生、智花、岸、みさと先輩、藤堂先輩。
やっぱり回が足りない。

それと、とうとう『30分』って言わなくなったのね。
新コーナーもすでにカオスだし。
鎌爺ネタ多すぎだろ。

次回更新はファンディスク発売後か。
その前に残りご飯はあるのかなぁ。

 

テーマ : WEBラジオ
ジャンル : テレビ・ラジオ

紅白初出場!

水樹奈々さんが出場決定だそうで。
声優では初だよね。
スゴイと思うけど、一般に知名度ないだろ。

テーマ : NHK紅白歌合戦
ジャンル : テレビ・ラジオ

ひだまりらじお×☆☆☆

アニメ3期に先駆けて、配信が始まった。
第1回目の今回は、ゲストにミズハスを向かえ、10月10日に行った公開録音のもの。
初めっからこのグデグデ感がたまらない。
行きたかったなぁ。

残りご飯はまだか!?

テーマ : WEBラジオ
ジャンル : テレビ・ラジオ

相棒

今期の第8シーズンから、亀山に代わり神戸が、右京さんの相棒となっているが、これがなかなか面白い。
今までの行動派の亀山と頭脳派の右京コンビも良かったが、2人とも頭脳派コンビとなり、推理の掛け合いが随所に入り、楽しませてくれる。
と、1話目を観て思ったのだが、それ以降、神戸に推理する場面はあまり見られない。
どちらかというと、右京さんに振り回される警察の1人にしかなっておらず、他の刑事となんら変わらない立ち位置になってしまっている。
頭脳派2人での物語の作りが難しいのだろうとは思うが、まだ3話なんだからもう少しがんばってもらいたい。
神戸のキャラがこのまま崩れないで最後までいってくれるといんだけどなぁ。

    

テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

公開録音 はずれた

ひだまりラジオ公開録音の抽選は見事に外れた。
倍率どのくらいだったんだろ?
残念だけど、まぁ、しゃーない。

 

テーマ : WEBラジオ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Q.E.D.~証明終了~

『Q.E.D.~証明終了~』のドラマが1月から始まった。
現在4話まで放送されており、とりあえず見ている。
率直な感想を言うと、思ってたよりもよかったな。と言う感じか。
基準が相当低かったというのもあるが、
この漫画をドラマにするのであれば、あんなもんだろう。
映像で見せるのは不向きな推理ものだと思う。
トリックも論理建てて紐解いていくようなものが多いし、
じっくり説明に時間をかけないと難しいだろうなと思う。
3話の「学園祭協奏曲」なんて、やっぱりわかりにくかったし。
その点、1話にわかりやすいトリック(と言いえるのか?)の
「青の密室」を持ってきたのは正解だったのかもしれない。
推理ものとしてはいまいちな選択だと思うけど。
個人的には今のところ、2話の「銀の瞳」が面白かった。

この後の放送予定を見てみると、
「狙われた美人女優、ストーカーの恐怖 絶壁の断崖にこだまする銃声 燈馬と可奈はずっと見ていた」
「賢者の遺産」
「エレファント」
「罪と罰」
「夏のタイムカプセル」
「立証責任」
となっているようだ。
うん、かなりいろいろなバリエーションのものを取り揃えた感じ。
原作を知っている人にとってはかなり楽しみなラインナップなのではないだろうか。
原作も豊富なバリエーションが1つの売りだからな。
なんせ、幽霊やタイムスリップとかが出てくる推理ものってあんまり聞かないよね。
また、このラインナップを見ると、やっぱり殺人は少ないなと思う。
これも原作のもうひとつの売りなので、選んだ人はよくわかってくれててうれしい。

個人的には、難しいのはわかっているけど
「凍てつく鉄槌」や「魔女の手の中に」とか、やってほしかったな。

水原可奈役の高橋愛さんは結構あってると思った。
22歳だそうだけど、全然OKですね。
燈馬想役の中村蒼さんはイメージは全然違うけど、
それをわかった上でのあえての配役だと思いたい。
それでも、燈馬が可奈を見下ろす感じなのはかなり違和感があった。
4話の「ブレイク・スルー」のラストを受けて、
来週からちょっとずつ変わっていくのだろうか。
水原警部役の石黒賢さんは何故あの演技?
原作ではかなり優秀な警部さんなので今後そうなっていけるのか?

不満点も多いけど、原作好きな私としては今後もがんばっていただいて、
少しでもみんなに『Q.E.D』の事を知ってもらって、
面白いと思ってもらえたらうれしいね。
でも、もう全部撮り終わってるんだよね、多分。
がんばりようがないか。

 

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

うたらじ&RTH2公録DVD

20070629234950
届いた。
早速観た。
あの時の記憶がよみがえる。
当日は遠くて顔がはっきり見えなかったからこれはよいな。
ほぼノーカットってのがうれしい。
このボリュームと内容であの値段は安いよな。
こんなに人気絶頂なのに何故終わった!?

テーマ : インターネットラジオ
ジャンル : テレビ・ラジオ

うたらじ最終回

うたわれるものらじお
が今週ついに最終回を迎えた。
1年間毎週楽しく聴いてたものが終わってしまうのはやっぱり寂しい。
アニオタから離れて久しかった私が戻ってきてしまったきっかけのラジオ。
今はただただ楽しい時間をありがとう。

テーマ : ねとらじ
ジャンル : テレビ・ラジオ

古畑任三郎

今凝ってる。
リアルタイムで全話観てるから、全部知ってる話なんだけど、改めて面白いと思う。
今第1シーズンを観終わって、第2シーズンの第1話まで観た。
やっぱりこの頃は最高だね。
確かにイマイチな回もあるが比較的当たりが多い。
今のところ個人的に特に好きなのが中森明菜、堺正章、鹿賀丈史、小堺一機、桃井かおり、菅原文太、明石家さんまの回かな。

このドラマ1時間ほとんど犯人との2人芝居なのが凄い。
三谷幸喜こういうの得意だよな。

ところで、ネットの某動画配信サイトで観てるんだけど。
今は何でもネットで観れちゃうから凄いね。
いいことではないんだけど。

テーマ : 懐かしドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『うたわれるものらじお』

今日は、私が今はまっているものを紹介します。
これからたまにこういうのも書いていこうと思う。

というわけで、まずはこれ
『うたわれるものらじお』

2006年7月7日から配信が開始され、大ブレイクしたインターネットラジオ

TVアニメ『うたわれるもの』をより一層楽しく観るための情報番組として、パーソナリティにTVアニメ出演者の小山力也さん、柚木涼香さんを据え『音泉』にて現在も大人気配信中。

第1回目ではお互いラジオ初パーソナリティとして緊張が伝わってくるような放送だったが、涼香さんの直球過ぎる力也さんへのラブラブコールに力也さんはタジタジ。
あまりにもアニメのキャラクターそのまんまという二人のキャラクターにリスナーも大興奮。
ゲストが来た際にも『邪魔者がやってきました(笑)』『ゲストなんか要りません!(笑)』等、容赦ない。(←もちろん冗談で言っている。)

しかし、回が進んでいくと、二人の関係も変化してくる。
開始当初涼香さんに押されっぱなしだった力也さんも慣れてきたのか、スルーを覚え、さらに、スケジュールの都合で二人が三週間揃わず、臨時パーソナリティとして小山剛志さん、大原さやかさんが相手役を務めた際、お互いのデレデレ具合を知り、お互いが嫉妬。
それをネタにからかうようになっていく。
また、その頃、涼香さんが某福山潤君と別ラジオ番組を開始し、その別番組にゲストで呼ばれた力也さんは、涼香さんと福山君との仲の良い掛け合いに嫉妬。
その後、ラジオ内で、『どうせあなたは福山君と・・・』とからかうようになっていく。

そのギスギス感が暫く続き、リスナーも心配になってきたころ、また変化が訪れる。
年が明け、2007年になると力也さんが涼香さんに優しくなっている!
どうやら、あまりにも二人の仲がギスギスしており、リスナーに心配されたことを反省し、仲良くやっていこうと決意したようだ。
それ以降、二人のラブラブぶりは容赦ない。基本スタンスはラジオ開始当初と変わらないが、二人の関係は全然違ってきているのが聞き取れる。

また、このラジオが元でCDも発売された。
それが『真・うたわれるもののテーマ』だ。
小山剛志さんがラジオに来た際、ちょこっと披露した鼻歌が、どんどん話題になり、それを受け剛志さんが一曲のちゃんとした曲に仕上げ、CDデビュー!
先日の公開録音では、まだCD発売前にもかかわらず客のほぼ全員が歌詞を覚えており、大熱唱!
さらにこのCDが発売週のオリコンウィークリー16位
ちょっとしたネタ歌がここまで大きくなるとは、誰も予想しなかったに違いない。
発売まではかなり大変だったようだが(剛志さんのブログ参照)、報われて本当に良かったとファンの一人として胸をなでおろす。

ここまで人気になったのは何故なのだろうか。
パーソナリティの二人を含め全てのスタッフ・キャストの人間性。これに尽きるのではないだろうか。
また、キャスト同士が大変仲が良い。
TVアニメが終わって半年くらいたつが、未だに集まって食事をしたり、遊んだりしているようだ。
お互いの誕生日は必ず祝い、何もなくても連絡を取りあい、集まる。
年代も性別も全然異なっているのにここまで仲の良いキャストも珍しいのではないだろうか。

また、本当に相手のことを思っての心遣い等はラジオを聴いていても良く分かる。
そんな人たちだからこそ、リスナーも安心して聴いていられる。聴きたくなってくる。
それが、TVアニメは当の昔に終わっているにもかかわらず長続きしている理由なのではないかと思う。

 

テーマ : インターネットラジオ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

れいん

Author:れいん
アニメ・漫画・ゲームの感想等、だらだらと書き連ねております。ヘーゲルとは特に関係ありません。

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
おすすめアイテム
グーバーウォーク(blogram)
おすすめ商品
  

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。