スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンタリアンの書架 第三話「叡智の書」 第四話「月下美人」

推理小説の犯人を言っちゃうなんて、なんて外道!

読むだけで頭がよくなる本か。
原書ってなんでそんな呪いの本みたいなのばっかなんだ?

こういう短い話もいいな。
戦いもないし。

しかし、カミラ、初対面なのにダリアンの扱いなれてんな。

←「ダンタリアンの書架」第2話へ / 「ダンタリアンの書架」第4回へ→

テーマ : ダンタリアンの書架
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいん

Author:れいん
アニメ・漫画・ゲームの感想等、だらだらと書き連ねております。ヘーゲルとは特に関係ありません。

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
おすすめアイテム
グーバーウォーク(blogram)
おすすめ商品
  

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。