スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q.E.D.~証明終了~

『Q.E.D.~証明終了~』のドラマが1月から始まった。
現在4話まで放送されており、とりあえず見ている。
率直な感想を言うと、思ってたよりもよかったな。と言う感じか。
基準が相当低かったというのもあるが、
この漫画をドラマにするのであれば、あんなもんだろう。
映像で見せるのは不向きな推理ものだと思う。
トリックも論理建てて紐解いていくようなものが多いし、
じっくり説明に時間をかけないと難しいだろうなと思う。
3話の「学園祭協奏曲」なんて、やっぱりわかりにくかったし。
その点、1話にわかりやすいトリック(と言いえるのか?)の
「青の密室」を持ってきたのは正解だったのかもしれない。
推理ものとしてはいまいちな選択だと思うけど。
個人的には今のところ、2話の「銀の瞳」が面白かった。

この後の放送予定を見てみると、
「狙われた美人女優、ストーカーの恐怖 絶壁の断崖にこだまする銃声 燈馬と可奈はずっと見ていた」
「賢者の遺産」
「エレファント」
「罪と罰」
「夏のタイムカプセル」
「立証責任」
となっているようだ。
うん、かなりいろいろなバリエーションのものを取り揃えた感じ。
原作を知っている人にとってはかなり楽しみなラインナップなのではないだろうか。
原作も豊富なバリエーションが1つの売りだからな。
なんせ、幽霊やタイムスリップとかが出てくる推理ものってあんまり聞かないよね。
また、このラインナップを見ると、やっぱり殺人は少ないなと思う。
これも原作のもうひとつの売りなので、選んだ人はよくわかってくれててうれしい。

個人的には、難しいのはわかっているけど
「凍てつく鉄槌」や「魔女の手の中に」とか、やってほしかったな。

水原可奈役の高橋愛さんは結構あってると思った。
22歳だそうだけど、全然OKですね。
燈馬想役の中村蒼さんはイメージは全然違うけど、
それをわかった上でのあえての配役だと思いたい。
それでも、燈馬が可奈を見下ろす感じなのはかなり違和感があった。
4話の「ブレイク・スルー」のラストを受けて、
来週からちょっとずつ変わっていくのだろうか。
水原警部役の石黒賢さんは何故あの演技?
原作ではかなり優秀な警部さんなので今後そうなっていけるのか?

不満点も多いけど、原作好きな私としては今後もがんばっていただいて、
少しでもみんなに『Q.E.D』の事を知ってもらって、
面白いと思ってもらえたらうれしいね。
でも、もう全部撮り終わってるんだよね、多分。
がんばりようがないか。

 

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいん

Author:れいん
アニメ・漫画・ゲームの感想等、だらだらと書き連ねております。ヘーゲルとは特に関係ありません。

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
おすすめアイテム
グーバーウォーク(blogram)
おすすめ商品
  

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。